高2生が今の時期にやっておくべきこと~理科~ | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2018年 11月 21日 高2生が今の時期にやっておくべきこと~理科~

こんにちは。担任助手一年の齊藤です。

 いよいよ本格的に冷え込んできましたが、皆さん体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

遂に、センター試験まで二ヶ月を切りましたが、対策のほうは順調に進んでいるでしょうか。

受験生はセンター試験対策のラストスパートをかけ始めているでしょう。がんばって下さい。

さて、今日は高校二年生に向けて、センター試験同日模試を見据えて、今の時期何をすべきかについて書きたいと思います。

まず、授業で習った範囲の理解を深めておく必要があります。

まだ多くの学校で全範囲の学習が終わっていないと思いますので、センター試験同日模試では既習範囲の理解度を確認するつもりで受けて欲しいです。

そのため、習った範囲の演習をしっかりやって欲しいです。

特別な対策は必要ないです。授業のノートを見直して、覚えておくべきことをちゃんと頭に入れ、学校で配付されたような基礎的な問題集を解いておくと良いでしょう。

また、これは理科だけに限った話ではないのですが、自分の第一志望校に合格した先輩たちがセンター試験同日模試でどのくらい得点していたのか調べておくと良いでしょう。

東京大学の話をすると、その模試で8割程度得点していた先輩は90%の割合で合格していたというデータがあります。

私はこのデータを目撃してから気合を入れて勉強したのを覚えています。

皆さんも一度調べてみるといいでしょう。担任助手に聞けばきっとわかりますよ。

以上です。