校舎の様子 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール小手指校 校舎長 中村 太治

ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。東進ハイスクール小手指 校舎長の中村太治と申します。東進ハイスクールでは「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」という教育目標のもと、中学生のみなさん・高校生のみなさんの勉強を応援しています。そして小手指校では、人生の岐路である大学受験において、みなさんが十二分に努力し、最高の成果が得られるよう、受験を終えた先輩が「温かく、厳しく、正しく」指導しています。本当に成果に結びつく努力は、やらされるものではなく、自ら求めて取り組むものです。「何のために努力するのか」「誰のために努力するのか」一緒に考えて努力の天才へと成長していきましょう!皆さんの夢・志の実現を全力で支えていきます。ぜひ東進ハイスクール小手指校にお越しください。皆様のご来校を心よりお待ちしております。

登校時に英単語のチェックテストを受け取り毎日25問解いています。受付で解答を受け取り自己採点、復習をし、下校時にチェックテストの点数を受付に伝え、毎週の週間ホームルームにてチェックテストの成績上位者を発表しています。基礎学力は毎日の積み重ねが重要ということを徹底するために、スタッフ一人一人がどうすれば良いかを考えて指導しています。英単語のチェックテストが生徒とスタッフのコミュニケーションの機会にもなっていますので、生徒とスタッフの距離感が自然と近くなりアットホームな雰囲気を作っています。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

齋藤 聖志 くん 東京大学 理科Ⅰ類
私立狭山ケ丘高等学校 卒 東進ハイスクール小手指校 OB
齋藤 聖志 くん 東京大学 理科Ⅰ類
担任助手として一言
受験生活は毎日のように課題を見つけて、それを克服して、というサイクルの繰り返しであり、とても地味なものである。時に膿んだり辛くて歩みを止めたくなることもあろう。しかし、我々担任助手は同様のことを克服してきた。皆さんには我々がついている。共に合格へ向け邁進していこう。
寺内 優紀 さん 立教大学 理学部
埼玉県立所沢北高等学校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール小手指校 OG
寺内 優紀 さん 立教大学 理学部
担任助手として一言
受験生のとき、様々な感情を経験しました。成績が上がらない悔しさ、ライバルが順調にいっていることに対する焦り、理解したり、できるようになった嬉しさ、そのどれもを今度は担任助手としてみなさんと共有したいです。一緒に頑張りましょう。
平本 匠 くん 早稲田大学 人間科学部
私立川越東高等学校 卒 テニス部 東進ハイスクール小手指校 OB
平本 匠 くん 早稲田大学 人間科学部
担任助手として一言
僕は2年生の春、東進の体験授業に来た際の面談で担当して下さった担任助手の方から「早稲田かっこいいよ!」と猛プッシュされ志望校を早稲田大学にしました。忙しい部活だったので勉強との両立 は大変でしたが、部活生時代のきつい時期に勉強する習慣が出来ていたので受験生時代に苦労せず受験勉強することができました。皆さんも早めに勉強する習慣をつけて厳しい受験競争を勝ち抜いて合格を手にしましょう!

→もっと見る

相見 悠一 くん 成蹊大学 経済学部
埼玉県立所沢高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール小手指校 OB
相見 悠一 くん 成蹊大学 経済学部
担任助手として一言
皆さんの第一志望はどのような大学、学部でしょうか。第一志望を決めるためには、たくさんの時間が必要ですよね。しかし、目標が定まらない努力に意味はありません。つまり、第一志望が決まらなければ受験勉強を開始できないということです。早め早めに沢山悩んで決めておきましょう。かの有名なナポレオンはこう言っています。「じっくり考えろ。 しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて進め。」そう、決めたならばもう進むしかないのです。くよくよしてる暇はありません。共に受験勉強という道を全力で駆け抜けて、合格を勝ち取りましょう!
佐々木 大輔 くん 明治大学 法学部
埼玉県立所沢西高等学校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール小手指校 OB
佐々木 大輔 くん 明治大学 法学部
担任助手として一言
受験勉強をスタートした時は、自分なんかが有名大学に合格できるはずがないと思っていましたが、先輩に励まされて志望校に合格することが出来ました。受験勉強は学力だけでなく、人としても大きく成長するチャンスです。1年後、2年後の自分に誇れるように共に頑張っていきましょう!全力でサポートします!
小達 萌未 さん 明治薬科大学 薬学部
私立明治学院東村山高等学校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール小手指校 OG
小達 萌未さん 明治薬科大学 薬学部
担任助手として一言
受験勉強をしていると心が折れそうになることがあります。しかし、志望校への想いを明確にさせることで辛いことがあっても簡単に心が折れることなく、苦しいことを乗り越えることができると思います。私も全力でサポートするのので皆さんも一緒に頑張りましよう。
吉﨑 未来 さん 実践女子大学 生活科学部
埼玉県立所沢高等学校 卒 弦楽部 東進ハイスクール小手指校 OG
吉﨑 未来さん 実践女子大学 生活科学部
担任助手として一言
私は受験期、何度も心が折れ、その度に立ち上がってきました。そのおかげで後悔のない受験期を送ることができました。これから皆さんには辛いことや嬉しいことが待っていると思います。その思いを一緒に共有し、皆さんにとって後悔のない受験期を一緒に過ごせるよう、全力でサポートします。楽しい未来を想像し、合格目指して一緒に頑張っていきましょう。
新井 彩水 さん 明治大学 商学部
私立狭山が丘高校 卒 テニス部 東進ハイスクール小手指校 OG
新井 彩水 さん 明治大学 商学部
担任助手として一言
私が受験を通して学んだことは目標をきちんと定めるということです。私は受験期のはじめは目標も持たずになんとなく勉強をしていました。成績が伸びなくなった時に自分と向き合って目標をきちんと定めらたからこそ、今は憧れの大学に通えています。来年の4月に自分の理想の大学の通えているようにサポートするので一緒に頑張っていきましょう!
海瀬 佑太郎 くん 法政大学 国際文化学部
埼玉県立所沢西高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール小手指校 OB
海瀬 佑太郎 くん 法政大学 国際文化学部
担任助手として一言
皆さんの志望大学のことや大学受験の先に待っている楽しいことを伝えながら、皆さんをサポートしたいと思っています。受験勉強を進めていると辛いこともありますが、そんな時はいつでも頼ってください。一緒に頑張って行きましょう。
佐藤 彰紀 くん 法政大学 理工学部
私立錦城高校 卒 テニス部 東進ハイスクール小手指校 OB
佐藤 彰紀 くん 法政大学 理工学部
担任助手として一言
大学受験で大切なことは、先をみて自分を知り今を努力することだと思います。合格へと導いてくれるのは“自分自身の努力”以外の何物でもありません。ただ、圧倒的な努力には悩みや苦労が付き物です。そんな時こそ私たち担任助手が全力でサポートします!後悔しない受験生活を共に過ごしましょう!
吉崎 綾乃 さん 法政大学 人間環境学部
埼玉県立所沢高校 卒 生物部 東進ハイスクール小手指校 OG
吉崎 綾乃 さん 法政大学 人間環境学部
担任助手として一言
私は高校生の時に見つけた夢を叶えるために大学に通っています。まだ明確な目標がない人もいるとは思いますが、大学受験はただ合格することが目標ではなく、その先にある将来のことも見据えることが大事です。私たちは勉強面だけでなく、将来的な面でもサポートしていきます。また大学受験は人として成長できるチャンスでもあります。ぜひポジティブに自分自身と向き合う受験生活を送ってください。どんなことでも相談に乗ります。一緒に乗り越えていきましょう!
青山 恵理夏 さん 日本女子大学 人間社会学部
私立豊島岡女子学園高校 卒 天文部 東進ハイスクール小手指校 OG
青山 恵理夏 さん 日本女子大学人間社会学部
担任助手として一言
受験勉強をしていく中で、辛いことや苦しいことはたくさんあると思います。ですが、「受験生」でいられるこの限られた時間を、目標に向かってがむしゃらに必死になれるこの瞬間を全力で楽しんでください。 小手指校には共に努力する仲間がたくさんいます。 精一杯努力して、精一杯楽しんで、一緒に未来を創っていきましょう!

校舎イベント紹介

週間ホームルーム

週間ホームルーム

小手指校では、週2回ホームルームを実施しています。ホームルームでは今後のイベント予定はもちろん、現役大学生からのキャンパスレポートや受験勉強アドバイス等の情報を生徒に与えています。東進で、小手指校で受験勉強を進め、見事大学に合格したスタッフだからこそ伝えられるその話はまさに目からウロコの内容となっています。制度面でも、学習内容面でも難しい大学受験ではありますが、週間ホームルームに参加すれば、その悩みは解決します。

特別公開授業

特別公開授業

特別公開授業とは、東進自慢の実力講師が小手指校にて生授業を行なうイベントです。いつもt-PODで見ているあの先生にアドバイスや勉強を教えてもらうことで生徒のモチベーションは必ずアップします。また先生自身の受験体験談など内容盛りだくさんのイベントです。感想を見ても「驚きの連発でした」や「バリバリ勉強する気になりました」といった意見が多数。勉強へのモチベーションを上げる絶好の機会、特別公開授業は小手指校にて定期的に実施しています。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

塾内合宿

塾内合宿

長時間勉強をして、自分の限界を突破する。一人では出来ないことも、仲間と一緒なら出来る。塾内合宿とは、校舎にて英語の学習に長い時間取り組むイベントです。大学受験合格の秘訣は自分の限界を突破すること。それを塾内合宿では体験することができます。また勉強以外でも参加者全員で夢について語り合う場面もあります。将来の夢に向けて、一人だけで努力するのではなく、チームで夢を達成していく。その過程が貴重な機会となっています。