私大志望者がセンターでコケても大丈夫な理由 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2020年 1月 21日 私大志望者がセンターでコケても大丈夫な理由

こんにちは!担任助手の相見です!

今日はセンター試験で残念ながら

よろしくない結果で終わってしまった受験生へ、

私個人の観点から励まし?をしていきたいと思います。

(まず前提として、これは私大志望者の方へのメッセージです)

突然ですが皆さん、

センター試験なんて練習試合だ。

失礼しました。

相見個人としては

私大志望者にとってセンター試験は

本番慣れのための

壮行試合的意味合いが強いと思っています。

そう、結果は最悪どうでもいいんです

判定が出ますが、それはあくまでセンター利用の話です。

過去にすべてE判定だったけど、

第一志望に一般入試で合格した先輩は

いくらでもいます。

大事なのはその失敗を

次に生かそうとする姿勢です。

なぜ取れなかったのか、

体調管理に問題があったのではないか、

時間配分はどうだったのか、

それらをしっかり分析しましょう。

センターはこれで終わりだからと言って、

復習を欠かしていいはずがありませんし、

本番に臨む姿勢もまた、

次の一般入試に生きてくるはずです。

皆さんが落ち込んだり喜んだりしている間も、

全国のライバルは必死に勉強しています。

負けてられませんよね。

辛いかもしれませんが

しっかり現実を見て、

出来ることを最大限やっていきましょう!

以上、相見でした!