夏を制する者は受験を制す | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2019年 5月 12日 夏を制する者は受験を制す

こんにちは。担任助手の佐々木大輔です。

タイトルに書いてある言葉や

「夏は受験の天王山」

というようなを強調した文章、

よく聞くと思うのですが本当にその通りだと思います。

 

夏の勉強量はどの長期休みにも負けないほど莫大です。

単純計算で一日15時間勉強してそれを40日間続けられるとしたら

 

40×15=600時間

 

も勉強ができることになります。

 

私立文系だと英語・国語・選択科目の3科目ですので

1科目200時間も勉強できます。

 

200時間あれば少しも上がらないってことはなさそうですよね?

 

さらに!!

 

東進では夏休みの期間に

 

夏期合宿

 

というものを行っています。

 

5日間英語漬けでひたすら勉強するこの夏期合宿は正直、

相当きついものです...。

きついことは間違いないです。

しかし、それをただきついと思ってそれなりに過ごすか、

それとも本気になって取り組むかは自分次第です!

参加する生徒には、この夏期合宿で夏休みの最高のスタートダッシュを切って、

夏休みを制してくれることを期待しています!

合宿に行くかどうかは任意です。

今日はHRの時間に夏期合宿の説明会もあるのでお忘れなく!

以上、佐々木でした!