高校1年生から受験勉強を始めるメリットは? | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2019年 11月 28日 高校1年生から受験勉強を始めるメリットは?

こんにちは!担任助手3年の新井です。

今日は朝も夜も寒かったですね。

冬本番ということですが、サムサニモマケズ勉強頑張りましょう!

そして今日は高校1年生から受験勉強を始めるメリットについてお話します!

①準備期間を長くできる

これは誰でも思いつくものだと思いますが、

準備期間が長ければそれだけ念入りに受験に備えて成績を上げられますよね!

早く始めた方が、志望校合格の確率はグッとUPします。

②効率的に勉強をできる

勉強って1回授業を聞いただけでは身につくものではないですよね。

授業で習って、何度も演習復習して、やっと身につくものだと思います。

しかし高校3年生まで何もやらずにいたらどうなるでしょうか?

さすがに高校1年生でやった内容は忘れていますよね。

記憶を取り戻すのはとても時間がかかります。

だからこそ高校1年生のときにきちんとやった内容の演習復習をしておくことが

大切で、効率的な勉強に繋がるといえます。

③難関志望校を目指せる

難関志望校を目指すには、そこに受けるような学力身につけなければいけませんよね。

そのためには相当の時間も必要です。

逆に考えれば、早く始めたら難関大を目指せるということです。

ということで今日は高校1年生から受験勉強を始めるメリットをご紹介しました。

現高校1年生、このブログを見た今から、勉強を始めよう!

以上新井でした。