過去問演習の重要性 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2018年 9月 23日 過去問演習の重要性

こんにちは、担任助手1年の佐々木大輔です。

9月下旬に入って受験生の皆さんも過去問演習が本格的になる時期だと思います。

なので今日は過去問演習の時に気を付けてほしいことを少し書きます。

 

大前提として過去問はもうこの時期から解き始めないと併願校の対策なども含めると解ききれません。

過去問をまだレベルが足りてないからという理由でまだ解き始めていない人は第3、4志望からでも解き始めましょう。

 

過去問は重宝するものではありませんのでどんどん解いて構わないと思いますが、

復習と傾向の分析、大問ごとにかかった時間、正答率はしっかりと目に見える形で残しておいたほうが良いと思います。

復習は特に英語ならば解いていて訳せなかった箇所、わからなかった語彙や文法をまとめたりしてあとで自分が見返したら満点を取れるようにしてください。

過去問演習をしてしっかり合格するための知識と経験を蓄えましょう!

以上、佐々木でした。