英単語を1800語1週間で覚える方法 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2019年 11月 30日 英単語を1800語1週間で覚える方法

 

 

 

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール小手指校、担任助手1年の圖子です!

 

突然ですが、もうすぐ受験生になるものの、まだ受験勉強に手を付けておらず焦っている高校生、いませんか??

他にも受験勉強しなければいけないのはわかっているけれど、どこから手を付ければいいかわからない、、、

なんて人も少なくないと思います!

 

実際に、自分が受験勉強を始めた高校3年生のとき、

特に英語に関しては中学生レベルの知識すら抜けていたので手のつけようがありませんでした。

当時始めて解いたセンター試験の過去問では英語が200点満点中の30点と受験1年前にして絶望的な点数を取ってしまいました。

しかし!!センター試験本番では165点と1年間で135点UPすることに成功しました!

今日はその理由についてお話していきたいと思います。

(※今日は英語についてのみお話します。国語、日本史はまたの機会に!)

 

英語についてですが、受験勉強をこれから始める人は英単語から覚えましょう!

では一体、大学受験で必要な単語の数ってどれくらいなの??と疑問に思った人もいるかもしれません。

腰を抜かさないでくださいね(笑)諸説ありますが、センター試験(2020年度からは大学入学共通テスト)では約2000語

国立・私大の二次試験ではなんと約3500語も覚えなくてはいけません!!気が遠くなりますよね。。

そんな時に役に立ったのが東進独自の高速学習システム、

高速マスター基礎力養成講座です!

自分のスマートフォンやタブレット端末等でも学習することができ、

単語帳に比べて圧倒的なスピードで修得することが可能です。

高速マスター講座には中学生レベルの単語の講座から難易度の高い英単語の講座など様々な講座がありますが、

現在行われている冬期招待講習では、重要単語1800語を完全無料で体験してもらいます!!

小手指校では、1週間で1800語を修得してもらうために様々な工夫をおこなっています。

このプリントがそのうちの一つ、必勝スケジュールです!

冬期招待講習の開始時に自分で一日何単語やるか目標をかいてもらい、それを達成できるように努力してもらいます。

この1800語は、なんと、大学入学共通テストの99.4%を網羅しています!

それだけ重要な単語を1週間で覚えられるということが今後の受験勉強にとってどれだけ有益なのかはもうみなさんはお分かりですね。

今回のブログで東進ハイスクール小手指校に興味を持った方、質問がある方などいましたら、お気軽にお問い合わせください!

以上、担任助手の圖子がお送りしました!