私の世界史総復習 相見ver. | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2022年 1月 2日 私の世界史総復習 相見ver.

あけましておめでとうございます。

担任助手の相見です。

新年早々、世界史の話題です。

受験生にとっては

元旦はただの「共通テストまであと14日」という平日

ですので、

皆さん勉強にいそしんでいるのではないでしょうか。

入試の幕開けとなる共通テスト、

その直前期にいかに世界史を総復習するか

ということをお話ししていきます。

 

世界史という科目は、

縦軸(国・地域)と横軸(時代)が

常に入り乱れ、非常に網羅がしにくくなっています

そのため直前期の総復習は困難を極めるといっても

過言ではないでしょう。

 

しかしまず一手として

東進生には

地歴千題テストという

超絶ウルトラハイパー便利な

復習材料があります。

まずはこれを一字一句確実に

すべて覚えきりましょう。

そもそも地歴千題テストで出題される問題は

基礎中の基礎です。

これらが頭に入っていなければ8割取れません。

 

それが終わったら、今度はひたすら

一問一答

繰り返し繰り返しやりましょう。

今日から始めたとしても

他の科目を考慮したとしても

本番までに

軽く5周はできるでしょう。

 

そして極めつけは

12月30日より開講されている

【単元ジャンル演習】

共通テスト必勝必達セット

これをやりきることでしょう。

AIによってはじき出された

みなさんそれぞれ専用の問題演習セットをやりきれば

上記2つ含めてほぼ完ぺきに総復習ができるはずです。

 

また、1月7日には

【単元ジャンル演習】

共通テスト直前テストゼミ

(共通テスト本番形式の演習)

も開講されますので

こちらも併せてこなした上で

自信をもって本番に臨めるようにしましょう。

以上、相見でした。