理系の良いとこ悪いとこ | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2019年 2月 23日 理系の良いとこ悪いとこ

こんにちは!担任助手の佐藤です。

国立の前期受験ももうすぐですね!

周りが受験を終えていく中で、気持ちが揺らぐ時期だとは思いますが、

試験が終わるまでは集中力を一切切らさずに頑張りましょう!

そして高校1、2年生は学年末のテスト良い結果が出るように、

テスト対策励んでいきましょう!

今日は、昨日に引き続き、

大学(理系)の良いところとその反面について主に学びに関してお伝えします。

”知的欲求が向上していく”

これは理系に限った話ではなく、大学全般だとは思いますが、

大学の専門性に関してのメリットです。

多くの人は興味や趣味、好みで学部を選ぶことが多いと思います。

基本的には学習することに面白さを感じることが多くなり、

専門的な事を学ぶにつれ、さらに細かいことに興味を持ち始めます。

”原理や仕組みに関して博識になる”

基礎的な知識を学ぶと、日常生活の中であれってこういう原理で動いてるんだよねとか、

理系トークができるようになります。あるいは感動できたりもします。

その反面、文系の人にちょっと引かれます。

 

と、実際にはもっとありますが今回はこの辺で終わります。

興味がある人は校舎で担任助手に詳しく聞いみて下さい!