模試の捉え方について | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 5月 10日 模試の捉え方について


こんにちは!

担任助手1年の坂巻です!

初投稿なので軽く自己紹介したいと思います!

私は現在明治大学理工学部応用化学科に通っています。

高校は狭山ヶ丘で部活はアメリカンフットボール部に所属していました!

突然ですが皆さんは模試をどの様に捉えていますか?

今日のテーマは模試の捉え方です!!

私が所属していたアメリカンフットボール部は例年4月に引退するのですが、コロナの為6月に大会が延期されてしまいました。

そのため早期に部活を引退した友人の方が模試などで結果を出していました。

しかし私は、模試模試でしかないと常に考えていたためそこまで落胆する事もはありませんでした。

模試で悪い結果でもそこから頑張れば合格することはできますし、模試でいい結果で慢心して勉強しなくなれば合格は遠のくでしょう。

結局は本番の試験を解けなければ意味がありません。

実際私も模試で良い判定を取れたことはありませんでした。

このように模試の結果の良し悪しに関係なく模試は模試でしかないという考え方ができるようになるといいと思います。

模試はあくまで志望校と自分の穴GAPを確かめることに使うようにしましょう!!

E判定でも合格は出来る!!

今日の話はこれで終わりです。

ありがとうございました!!

~以上、坂巻でした~