東進入学のタイミング、いつが正解? | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 3月 17日 東進入学のタイミング、いつが正解?

こんにちは!本日担当の茂木です!

この頃暖かい日が続いて梅はもうすぐ見頃になりそうですね。

ここ数年で花鳥風月を愛でる心が増長してきたので

冬も存分に味わいましたがやはり、

春が楽しみで仕方ありません🌸

 

春と言えば、入学・進学の季節ですよね。

全国的に見ても、このタイミングで予備校を探し始める方が多いです。

ですが「いつ予備校に入るのがいいんだろう」「まだ入らなくても良いだろう」と

思ってる方も多いでしょう。

 

入学のタイミングの正解は、

ずばり「今」です。

東進入学に限った話でも、新高3生に限った話でもありません。

新高1生は、これから中学校の比にならない勉強量になります。

初動で出遅れると、学校の勉強に付いていくのに一生懸命になってしまい、

後追いサイクルから逃れられません。

そうすると高校3年間、取り返しのつかないことになってしまいます。

高校の初動がその後の受験生活、引いては高校生活を決めると言っても

過言ではありません。高校の勉強が最初から身についていれば、

2年後、目指せる大学の幅が大きく広がります。

新高2生においても、これまで取り逃した分と

これからさらに難しくなり量の増える授業に遅れを取らず、

先取りサイクルを確立させ、いち早く受験勉強に本腰を入れることが

受験成功への近道です。

新高3生に関しては言うまでもないですね。

予備校というワードが出てきたその瞬間が、

入学のタイミングです。

受験勉強に「遅い」という単語はありません。

自分の、お子さんの将来を広げるための選択です。

一秒でも早く始めた人が、常に一歩先にいることを

覚えておいていただきたいです!

 

以上、茂木でお送りいたしました!