受験の情報をたくさん仕入れよう! | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 8月 27日 受験の情報をたくさん仕入れよう!

 

 

こんにちは!担任助手の髙泉です!

私事なのですが最近ねずっちという人に影響され、なぞかけを面白いと思うようになりました。

なのでここで私のなぞかけを披露していいですか?

昨日のどしゃ降りの雨とかけまして、テレビの砂嵐とときます。

その心は、どちらもザーザーでしょう。

 

さて、本日のお題は「入試情報をたくさん仕入れよう!」です。

受験を成功させるために、最も基本的で必要なこと、それが入試情報です。

もし今、志望大学の入試に関してわからないことがあるなら、今からでも入試要項を見ておくべきです。

入試日程、受験科目、受験方式などあらいざらい調べておきましょう。

ではなぜ、今からそんなことを調べておく必要があるのか?1ヶ月くらい前からじゃダメなのか?

 

今からでも知っておくべき理由、それは、「勉強の計画を立てることに役立つから」「戦う相手について詳細まで知ることで心にゆとりを持つことができるから」の2つだと思います。

 

入試日程、科目を知ることで具体的な入試本番までの計画を立てることができます。

この日に入試があるんだな、この日の1週間前には過去問全部終わらしてその1週間で復習したいな。じゃあ一週間前に過去問を終わらせるには3ヶ月くらい必要だな。それまでには基礎は完璧にしないといけないから○○月までには基礎を固めなきゃいけない、受験科目はこれとこれだから〇か月は必要だな、といった具合に。

私は模試の結果が返ってくるたびに結果とにらめっこしながら、上のようなことをして、当日本番までの勉強スケジュールの調整をしていました。段階的にかつ計画的に勉強することができて、右肩上がりに成績は伸び、第1志望校に合格することができました。

 

心にゆとりを持つことができるというのは、人は正体不明なものに不安感や恐怖心を抱くことに起因しています。なぜ、入試がこわいのか、不安なのか、それは入試のことについて理解していないからです。きちんと入試について理解し、本番までの必勝勉強スケジュールを立て、ることができれば、恐怖心など吹き飛びます。

ちなみに、入試が近づくと入試のことを十分に理解していても不安になります。「おれ、私ってホントに受かるのかな?」って緊張します。でもそれはむしろいい傾向です。そう思えるってことは合格できそうなところまで来ているということだからです。絶対に負けるとわかっている戦いに人はみじんも緊張しないからです。緊張してるのは、合格できる範囲に自分がいるからです。

 

最後話が脱線しましたが、とにかく志望校の入試情報は確実に今の内から知っておきましょう。

 

本日のブログはこれで以上になります。最後まで見ていただきありがとうございました!

明日は、平田で「夏休み頑張っている人紹介」です!ぜひ明日もご覧ください!!!