千葉式 隙間時間活用術 | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2021年 10月 27日 千葉式 隙間時間活用術

こんにちは!

一日が26時間だったら

良いと思う千葉です!!

バイトや学校、

遊ぶ時間も考えると

一日が短く感じます。

あと二時間増えれば

もっと寝れるのに。。。

受験生の皆さんは特に時間に追われる日々を過ごしていると思います。

今回のテーマは

「千葉式 隙間時間活用術」

です。

予定と予定の間に生じた

隙間時間をうまく活用することで

勉強の効率が大幅に良くなります。

私自身、

時間がなかったので

一分一秒も無駄にしたくないと

思っていました。

そんな私から、

隙間時間をどのように活用していたかを伝えしたいと思います。

隙間時間を効率的に活用するために

大切なことは

暗記しろ

ということです。

シンプルかつ最も効果的です。

時間や場所の関係で

問題演習に取組むには向いていません。

短い時間で少しでも多くの

知識を取り入れることが大切です。

具体的な方法としては、

制服のポケットなどに入る大きさの

常に携帯できるノートに

前日間違えた英単語や世界史の語句、

覚えたい資料などをまとめておきます。

それを反復することで

記憶の定着を図るというやり方がおすすめです。

基礎が定着していない方は

単語帳や一問一答に取組むとよいです。

隙間時間というのは

無数に存在します

通学時間はもちろん、

一緒に帰る友達を待っている時、

レジのお会計を待っている時など様々です。

細かく見たらきりがありません。

塵も積もれば山となる

という言葉があります。

皆さんのな時間における努力は必ず身になります。

共通テストまで残り80日です。

一分一秒も無駄にすることなく頑張っていきましょう。

以上千葉でした。