一般受験の君へ | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2020年 10月 2日 一般受験の君へ

こんにちは!平本です!

最近何もなくても気落ちすることが多いんですけどなんででしょうかね。

それに対して高校時代は部活に勉強に追われていたのに

気落ちすることは少なかった気がします。

何かに追われていたり、

一生懸命生きているときの方が精神的な充実感はあるのかもしれませんね。

何かに向かって頑張っている人が輝いて見えるのはきっとそのせいなんだと

今、ブログを書いている中でわかりました。一歩成長です!

 

前置きが暗く、そして長くなってしまい申し訳ありません(笑)

今日は一般受験の君にブログを書きます。

 

一般受験の皆さんは今ちょっと嫌な思いをしている人がいるかもしれません。

指定校推薦や公募推薦というシステムに対して。

気持ちはすごく分かります。

ただ、受験が終わって何年かした自分から伝えたいことがあります。

 

若いうちの苦労は買ってでもしろ。

聞いたことありませんか?

今皆さんは受験勉強に相当力を入れて努力し、

それに追われた生活をしていることでしょう。

早く終わりにしたい。指定校ずるい。

そんな気持ちもあるでしょう。

なぜ指定校推薦を皆さん恨めしく思うのでしょうか。

恐らく、受験勉強を終わりに出来るというのが一番大きな理由だと思います。

 

しかし、逆に考えてみましょう。

一般受験組のいい点は何か。

それはあと100日以上本気で受験勉強できるということです。

今皆さんはその受験勉強がきつくて逃げだしたいのかもしれません。

でも、そこまで真剣に物事に対して努力できる経験って実はすごく貴重です。

もしかしたら受験勉強程に頑張れることはもう一生ないかもしれません。

その貴重な経験をできるチャンスがある。

今こう言われても恐らくぴんと来ないでしょう。

受験期の僕なら絶対に何言ってんだコイツとなります。

ただ、一人でもこのブログを読んで共感してくれる人がいてくれたらいいな。

そう思います。

以上、平本でした。