この時期に意識していたこと【保田ver】 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2020年 11月 8日 この時期に意識していたこと【保田ver】

皆さんこんにちは!

担任助手1年の保田恵汰です。

先日、入間のアウトレットにいったら、大きなクリスマスツリーがおいてあって、もうそんな季節かあとしみじみしました。受験生あと少し一緒に頑張ろう!

さて今日は、私がこの時期に意識していたことをお話したいと思います。

私がこの時期に1番意識していたこと

それは、「本番を意識する」ということです。

この時期になると、アウトプット中心の勉強だと思います。

そのため、過去問に取り組むことも多いと思います。

過去問に取り組むとき、本番と同じような緊張感をもって解くことが重要だと思います。

”本番のような”というのは、時間や受ける姿勢のことです。

①時間を測って時間内に解ききること

②机の上を片付けて本番に近い状態にすること

③土日は実際の受験日と同じスケジュールで過去問を解くこと

特に、以下の3点を意識して取り組んでいました。

本気で取り組むからこそ見えてくる課題や新しい発見があると思います。

また、本番から逆算して1日1日を大切に過ごしていました。

もう11月です。無駄にしていい日なんて1日もありません。

皆さんも、本番を強く意識し、最大限頑張った、という日を積み重ねていきましょう。

以上、保田でした。