こうやって勉強した【世界史】 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2020年 8月 6日 こうやって勉強した【世界史】

こんにちは!!落合です。

最近とても暑いですね。今日も1日頑張って行きましょう!!

 

今日のテーマは世界史です。

私が世界史をどのように勉強していたかお話します。

(今日は難しい過去問を解く前段階の話です。)

 

①一問一答を解けるようにする。

②細かい流れ、国同士の関係を細かく理解する。

③復習

 

の順で世界史を勉強していました。

 

①②③の効率のいい方法としては、

 

①曖昧な知識のままワークを解くと一問一答でも全然解けなかったりするので、

先に、解く問題の範囲に該当する教科書のページを熟読して、

頭を整理してからワークを解く。 (大体教科書3、4ページ分)

これをすると既に頭に入ってる知識とまだ覚えきれていない部分が明らかになるし、

「あ、これさっき読んだ!」って感じで楽しく問題を解けます。

 

細かい流れは自分で地図を書いて、

「この国がここでこんなことをして、これに対抗してこっちの国がこれをした。」

という感じで色々な国の知識を総動員して、

(図と文字を使って)書きながら、声に出して自分に説明する。

たまに一方的に兄弟に説明したりしていました。笑

「人に説明出来たら、それは自分が完璧にその知識を覚えているという事」

と前に言われたことがあるので、とても良いと思います。

 

③過去問演習などの復習はしっかり時間を取ってしていましたが、

知識レベルの復習は、移動時間や寝る前などのスキマ時間に

②で自分で書いた地図を見ながらもう一回流れを思い出してみたり、

用語を忘れちゃった場合は、学校のノートを見返していました。

 

皆さんも自分に合った勉強の仕方を見つけて楽しく勉強しましょう!!

 

以上、落合でした。