共通テスト英語を読み切れるようになるには速読力を上げよ! | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 6月 20日 共通テスト英語を読み切れるようになるには速読力を上げよ!

こんにちは!本日のブログ担当、みちるです!

なんだか今日は暑いですね、

これからどんどん暑くなると思いますが負けずに頑張りましょう👊

 

さて今回のテーマは、

共通テスト英語を読み切れるようになるためには速読力を上げよ」です!!

実は私、英語が大得意で、

共通テスト本番でReading,Listeningともに98点をとりました🎉

そんな私が考える、

共テ英語における速読の重要性

速読までの3stepをお伝えします!

 

まずは速読の重要性から!

共通テスト英語の単語数って皆さん知ってますか?

それは6000語と言われています。

これを制限時間80分で読み切るには、

一分間に150語を読む力が必要になります。

一分間に150語って考えるだけでも大変じゃないですか?

ちょっと想像がつかない人は、

WPM診断で検索して、実際にやってみてください。

WPMとは一分間に何語読めるか、という能力のことです。

WPM150の難しさに気が付くと思います。

WPM150から分かる通り、

膨大な量の英語長文を制限時間内に解き切る必要性があるため、

速読は非常に重要になります。

 

では次に皆さんお待ちかね、速読までの3stepをお伝えします!

 

1、単語、文法で分からないところをなくす

これはつまり基礎固めです。

単語はどこまでもできるので100%は難しいかもしれませんが、

基礎レベルの単熟文法でつまづくことはないようにしましょう

 

2、英語長文の意味を正確につかめるようになる

もちろん共通テストでは速読力も必要です、

というか速読が出来ないと解けません。

でもその前段階として、

ゆっくり丁寧に読めば

文の意味、文法的構造が理解できるようにする必要があります。

ゆっくりでも出来ないものは

早くすると余計に出来なくなりますから、

まずはゆっくりでできるようになりましょう、

ということですね。

 

3、スキャニング

この段階に来たら練習あるのみです。

ここは、文構造と一つ一つとらなくても、要旨がつかめる段階です。

きっと2→3への移行が大変、

という人が多いと思いますが、

私からはこれしか言えません

「英語は筋トレみたいなもの。

練習すればするほどできるようになる。

反対に練習しなければできないまま。」

やればできるのに、

得点源になり得るのに、

しかも配点が高い英語なのに、

放っておくのってもったいなくないですか?

スキャニングのポイントは、

東進の先生方が受講の中で触れていると思うので

その先生の言うとおりにしてみてください。

東進の先生たちってすごい人たちなので、

信じてついていくことをお勧めします。(体験談)

 

実は今、そのすごい先生たちの講座を

無料で受けられます!!

7.14までに申し込めば、4講座無料です✨

下の画像をクリックして、詳細を今すぐ確認しよう!!