過去の自分に送るこの時期こうしていればよかった 髙泉ver. | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2021年 9月 22日 過去の自分に送るこの時期こうしていればよかった 髙泉ver.

 

 

 

 

 

こんにちは!担任助手の髙泉です!

 

昨日に引き続き、本日もわたくし髙泉が小手指校ブログを書かせていただきます。

 

2日連続はめったにないのですが、勤務時間の関係で今日も担当することになったわけです(泣)

 

私事で申し訳ないのですが、なんと、私の夏休みが残り1週間を切りました。

 

高校までと違って、夏休みの課題なんてものは存在しないので、課題の心配はないのですが、

 

やはり、学校が始まり、「また課題に追われる毎日が続くんだろうなぁ」と思うとずっと夏休みが続いてほしいと切実に思っております。

 

 

 

さて、本日のお題は、過去の自分に送る、この時期こうしておけばよかった 髙泉ver.です!

 

そうですね、単刀直入に結論から言いますと、

 

講座の予習、復習

 

ですね。

 

これは一体どういうことなのかと言いますと、1年前のこの時期もともと私がとっていた講座が50~60コマくらい残っていました。

 

そして、9月からは単元ジャンル演習というものが始まるのですが、それに伴ってプラスでおよそ70コマ追加されました。

 

9月のはじめらへん、私が受ける残っていたコマ数はなんとおよそ120コマだったわけです。

 

能天気な私もさすがに焦り始め、1日3コマ~4コマは受けるようになりました。

 

授業をそのペースで受けることはとてもすごいことだったのですが、ここで私は本質を見失ってしまいました。

 

本来は、授業の内容をしっかりとインプットして、忘れないように復習までやることが授業を受ける意味なのですが、

 

私の場合、単純に受講を受けること、ただ残りのコマ数を減らすことに執着してしまいました。

 

ですので、この時期、私はインプットもろくにできずに、ただ単純に講座を受けるだけで、本当に無駄な時間を過ごしてしまいました。

 

だからこそ、生徒の皆さんには、しっかりと講座を受ける前に予習、復習をしてほしいと思います!

 

私のような失敗をくれぐれも繰り返さないようにしてください!

 

本日のブログはこれで以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

明日は、平本で「持続力を集中させるには」です!是非ご覧ください!

 

以上、髙泉でした。