緊張のほぐし方 髙泉ver. | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2022年 1月 11日 緊張のほぐし方 髙泉ver.

 

 

 

こんにちは!担任助手の髙泉です!

 

共通テストまで残すところあと4日となりました。

 

受験生の皆さんは、最後まで全力で、妥協せず、最高の状態で共通テストに臨めるようにしましょう!

さて、本日のお題は「緊張のほぐし方 髙泉ver.」です!

 

大学受験の始まりともいえる共通テスト、緊張しない人なんていないと思います。

 

私もめちゃめちゃ緊張しました。(国立志望で共テの配点が高いこともあり特に緊張しました)

 

そんな不安、プレッシャーにどうやって打ち勝ったのかをご紹介したいと思います!

 

私の場合は、主に2つの方法で緊張を和らげていました。

 

1、好きな曲を聴く

 

緊張や不安で押しつぶされそうなときは自分の好きな曲を聴いてそれらを和らげていました。

 

ちなみに私は、B’zやBUMP OF CHIKENをよく聴いていました!

 

(おすすめの曲は、B’zは「MOVE」、「RED」、「兵、走る」、「Wonderful Opportunity」、「パーフェクトライフ」、「ねがい」、「RUN」

BUMPは、「firefly」、「アカシア」、「sailing day」、「車輪の唄」、「ギルド」です!興味のある方はぜひ聴いてみて下さい!)

 

 

勝つために努力してきたのに、

努力した故に生まれる緊張のせいで落ちるのなんて

ばかばかしい」と考える

 

わかりにくくてすみません、なるべく理解しやすいように説明していきます。

 

こんな状況を思い浮かべてみて下さい。

 

あなたは、「50メートルを1秒以内で走ることができたら、あなたに100万円差し上げます。」と言われました。

 

走る直前、緊張しますか?、、、きっとしない、どころか走る気さえもしないと思います。

 

ところが次のように言われたらどうでしょう?

 

「50メートルを8.5秒以内で走り切ることができたら、あなたに100万円を差し上げます。」

 

走る直前、緊張するかと思います。(「これで走れたら100万ゲットだぜ!!」)

 

何が言いたいのかというと、

「人は、可能性が全くない、勝てる見込みがない時は緊張せず、

逆に可能性は十分にあり、うまくやれば勝てる!という時、緊張する。」

ということです。

 

ここで思い出してほしいことが、あなたの1年前の模試の点数です。

 

1年前の自分では到底今志望している大学には届きえなかった、ということです。

 

あなたは、合格するためにめちゃめちゃ努力をして、今やっと合格できるというところまで来ているのです。

 

 

勝つためにいままで努力してきた、頑張って努力してせっかく合格圏内に届いた

 

ゆえに湧き上がってくる緊張のせいで、十分に力を発揮できず、落ちてしまう、、、

 

これってすごくばかばかしくないですか?

 

私は、このような考え方を見つけることができ、本番緊張することなくいつも通りの自分で試験を受けることができました!!

 

 

 

ただ、考え方、感じ方は人それぞれなので、かならずしも私の方法がすべての人に当てはまるとは思いません。

 

あくまで参考程度にとどめておいてください!そして、あなたが1番リラックスできる方法を試行錯誤して探してみて下さいね!

 

 

本日のブログは以上になります。最後まで見ていただきありがとうございました!

 

明日は、菅原で「共通テスト本番で気を付けるべきこと」です!ぜひ明日もご覧ください!

 

以上、髙泉でした。