第一志望に合格する人の共通点 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2021年 5月 21日 第一志望に合格する人の共通点

こんにちは!担任助手の相見です。

今日は、

第一志望合格者

共通点

についてお話します。

私は、第一志望に合格する人は

2種類に分けられると思っています。

まず1つ目は、

早期から受験勉強を開始した人

です。

もちろん、第一志望も早期に

決定していた人ということになります。

遅くとも、高1が終わるまでに

受験勉強を始めた人というのは

第一志望への合格率が

かなり高くなると思います。

なぜなら、受験勉強の量が

時間の分だけ増えるからです。

当たり前ですが、そういうことです。

2つ目は、

「おいおいこいつ大丈夫かよ」

というくらい努力した人

です。

もしあなたが1つ目の高1が終わるまでに

受験勉強を開始した人でなければ

目指すべき姿はこれです。

高2から、あるいは高3から始めた時点で

第一志望に受かるためには

かなりの追い上げが必要だと

考えた方がいいでしょう。

そのためには、一日当たりの努力量を

日々最大化していくことが

なによりも大切です。

焦る気持ちも大事ですが、

何がいつまでにどのレベルまで

達していなければならないのか、

そうしたことを踏まえた

逆算した計画も重要になってきます。

そしてここまでの2つに共通すること、

それは必要な努力量をやりきる

ということです。

早く始めようが遅く始めようが、

必要な努力量をこなせるかこなせないかが

第一志望に合格するかどうかの

何よりの基準だということです。

ぜひ皆さんも行動を見直して

今日から

頑張っていただければと思います。

以上、相見でした!