私の緊張のほぐし方 | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 1月 20日 私の緊張のほぐし方

 

こんにちは、担任助手の相見です。

本日は、そこそこ有意義な

緊張のほぐし方

についてのお話です。

 

皆さん本番直前、

当日はそれこそ

かなり緊張すると思います。

私も受験生時代

本番の日はものすごく

緊張したのを覚えています。

その緊張自体は

あっていいものだと思いますので

極度にならないように

という観点からお話しします。

 

私が当時やっていた方法は

2つあります。

 

まず1つ目は

音楽を聴く

ということです。

まあ、よくあるやつですね。

私の場合は音楽の中でも

ゆずの「栄光の架け橋」とか

ウカスカジーの「勝利の笑みを君と」

ZARDの「負けないで」のような

「感動する系MV」が作れそうな

曲を聞いていました。

それで受かった自分を妄想して

勝手にやる気になってました。

ちなみに、受験期辛かった時は

松任谷由実の「春よ、来い」を

聴いてました(落ち着くし、春来てほしいし)。

 

2つ目は

「箱根駅伝の山の神柏原4年生時の走り」

「花咲徳栄にいった同級生の甲子園でのタイムリー」

「アテネオリンピック体操ニッポン復活」

などの動画を見ることです。

まあ要するに

感動するスポーツの動画を

みることです。

それを見て、勝手に感動して、

自分も頑張ろうと思ってました。

特に柏原さんの動画は

今でもめちゃくちゃ頻繁にみます。

1~3年、自分が打ち立ててきた大記録を

最後は自分が塗り替えて

キャプテンとしてチームも優勝させて

有終の美を飾る、

それに勇気をもらってます。

 

ひとによってほぐし方は色々だと思いますので

自分なりのものを見つけられるといいですね。

以上、相見でした。