私が世界史を選択した理由 | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2021年 12月 20日 私が世界史を選択した理由

 

こんにちは、担任助手の相見です。

本日のお題は

生徒からのリクエストらしいのですが、

その生徒は日本史選択なんです。

それを踏まえて

日本史ではなく世界史を選択した理由

にフォーカスしてお話ししていきたいと思います。

 

そもそもまずなぜ日本史世界史の2択なのか

そう思われる方がいらっしゃるかもしれません。

それは単純に、歴史が好きだからです。

その時点で私の選択科目は

2択の様相を呈していました。

 

さて、本題の

「なぜ世界史なのか」

についてです。

私が当時考えていた

それぞれのメリットデメリットは以下です。

 

日本史メリット

①流れがわかりやすい(日本だけ追えばいい)

②すでに大まかなこと(時代区分、それぞれの特性等)は理解できている

日本史デメリット

①天皇、政党など、物語性のない暗記が多々ある

②1つの国を追うが故の細かい必要知識

 

世界史メリット

①様々な国の成り立ちを知れる(役に立ちそう)

②(中国史等を除いて)基本カタカナ

世界史デメリット

①流れがわかりにくい(広範囲にわたる時系列)

②結局漢字はある(しかも普段使わないようなやつ)

 

これだけ書いてみると日本史を選択しそうなものですが

それぞれに受験勉強が

やりやすいか、やりにくいか

という視点でのことがらが並ぶ中

世界史のメリットにだけ

「将来役に立ちそう」

という受験勉強の範囲にとどまらない

前向きな考えを持つことができていました。

このことから、

「せっかく受験で使うくらい

たくさん勉強するのなら

将来役に立った方がいい」

そういう考えで、

私は世界史を選択しました。

 

そして、大学入学後

経営学、経済学を学ぶ中でも

世界史で学んだ事象は授業内で出てきます

それぞれの国がどういった特徴・背景を持つのかを

知識として持っているだけで

普段のニュースの理解度がまるで違う

と実感しています。

「迷っているなら世界史にしろ」

とまではいいませんが

私は世界史を選択して

良かったと思っています。

科目選択等の参考になれば幸いです。

以上、相見でした。