僕はこうして早稲田に合格しました | 東進ハイスクール 小手指校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2021年 5月 18日 僕はこうして早稲田に合格しました

みなさんこんにちは!

自分でもタイトルを書きながらおこがましいなと思ったのですが(笑)

今日のブログは僕の受験体験を振り返りながら書きたいと思います。

早慶上理などといわれる、いわゆる最難関私大を目指している人にはぜひ読んでほしいです!

 

 

まず、受験を終えた僕の一番の感想としては

早稲田レベル違え

でした。

早稲田大学が第一志望で、

併願校としてMARCHといわれる大学を受験していた僕は

そこにあるレベルの差をまざまざと感じていました。

問題のレベルや会場の雰囲気も違ったし、

なんてったって合格が出ませんでした。

受験校の中で一番合格発表が遅かった早稲田大学商学部の発表前の時点で

僕はMARCH全勝、早稲田全敗でした。

MARCHは多少手ごたえが悪くても合格が出ていたのに対し、

早稲田は自信があった学部まで落ちていました。

最後に商学部の合格をもらうまでは

自分は早稲田に合格するレベルではなかったんだと落ち込んでいました(笑)

 

 

そんな自分の経験と昨年度1年間担任助手として受験生を見てきた経験から

最難関大を目指している人に伝えたいことは

他と違うことをしろ

です。

レベルが違う大学に行こうとしているのだったら

自分の学力もそのレベルになければ受からないのは当然ですよね。

日頃からいかにして周りと差をつけるか

これを意識して勉強してください。

質か量かなんて言うけどどっちもです。

早慶に受かる人は当然のように他より高い質の勉強を大量にやっています。

友達が、8時間勉強しているなら自分は10時間、

過去問5年分解いているなら自分は10年分、

テキスト2周しているなら自分は3周です。

それくらいのことをしないと合格できないレベルの大学を目指していることを自覚してください。

 

最後にこのブログを読んで悲観するのではなく、

危機感をもって勉強に取り組むきっかけとなってくれれば嬉しいです!

以上、菅原でした。