この時期に意識していたこと【菅原Ver.】 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2020年 11月 2日 この時期に意識していたこと【菅原Ver.】

こんにちは!

 

もう11月になりましたね。

2か月後には年が変わり、3か月後には私立大学の入試が始まります。

 

受験生活にも終わりが見えてくる時期ですが、今日はそんな今の時期に私が意識していたことを書きたいと思います!

 

 

この時期に一番意識していたことは

本番を想定するということです。

 

今の時期、過去問をやっている人が大半だと思いますが、過去問演習もできるだけ本番を想定したものになるようにしていました。

では、実際どんなことをやっていたのか紹介します。

 

・時間を正確に測る

・問題用紙とは別に白紙を用意し、解答はそちらに書き込む

・できるだけ机上を整理し、余計なものを置かない

・時間がある日は全ての科目を通しでやる

などです。

 

一つ目の時間を正確に測るというのは、問題が解き終わっていなくても制限時間がきたらやめ、逆に時間が余っても見直しが完璧になるまでは終わりにしないというようなことも含まれています。

 

あと、精神的な面だと演習の段階ではわざと緊張しようとして精神状態も本番に近づけようとしていました。

それでも本番の方が全然緊張したので効果があったかはわかりませんが(笑)

 

 

些細なことが多いかもしれませんが、試験本番がだんだんと見えてきたこの時期、やれることは全部やって悔いの残らないような勉強をしましょう!

頑張れ受験生!

以上、菅原でした。