緊張と向き合う | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2016年 2月 2日 緊張と向き合う

 

こんにちは、阿部です!

昨日から2月になりましたが皆さん勉強の進み具合はどうですか?

受験生のほとんどの人はもう受験が始まっていると思います。

僕も早稲田大学のテスト期間が始まりとても緊張しています。

でも受験生の皆さんは僕なんかよりもとても緊張していますよね。笑

そこで今回は緊張とどう向き合っていくかということについて話そうと思います。

 

緊張はこの時期誰でもすることだと思います。

ですが皆さんに良く考えてもらいたいことは

緊張しているときの自分のパフォーマンスは本当に落ちているのかということです。

僕は中学時代、部員が60人いる野球部に所属していました。

試合や練習での1打席1打席で結果を出すことができなければ

僕の代わりの人間はたくさんいるので常に緊張感を持ってプレーしていました。

しかし監督やコーチがいないときは全然集中していないため空振りやエラーを連発していました。

 

勉強でも同じことが言えます。緊張感を持たずに過去問を解いたりして

とんでもない点数をたたき出してしまったことがある人はいませんか?

むしろ今日の自分緊張しているなと思っているときに大失敗したことのある人は少ないと思います。

適度な緊張が集中力を生むからです。

人間は心理学の観点からみると、失敗を一度意識してしてしまうとパフォーマンスレベルは一気に下がります。

だから基本的には緊張している自分を受け入れつつ、失敗することなんて考えずに試験に挑んで欲しいです!!!