社会科目の勉強方法 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2017年 2月 26日 社会科目の勉強方法

こんにちは、担任助手の阿部です!

高校3年生の受験生の皆さんの多くは

受験が終わり楽しい春休みを過ごしているのではないかと思います。

さて新高3年生のみなさんも笑って来年の春を迎えるために今回は

文系受験で必要不可欠な社会科目の勉強方法について書きたいと思います!

自慢になりますが僕は日本史で県内13位、現代社会で7位を取ったことがあります。

社会科目はよく

「暗記科目だからとにかく覚えろ!」

という高校の先生が山ほどいると思いますが、社会科目の本質は暗記ではなく理解です。

僕は高2の頃から受験勉強を本格的に開始しました。

日本史はそのころからめちゃくちゃ頑張っていましたが

定期テストや模試の度に猛勉強をして忘れての繰り返しでした。

当時の僕も受験は暗記科目だと教わっていたので

とにかく覚えればいいものだと思っていましたが

かなり時間を無駄にしてしまいました。

時代背景とか人物の相関図だとか覚えるのは効率が悪いと僕も思っていたのですが

東進の日本史の金谷先生に教えてもらった暗記ではなく理解する勉強法を実践してから

逆に多くの単語を一気に覚えれるようになったし、忘れてしまう単語も大幅に減らすことが出来ました!

それに大学入試では単語だけを問う問題はほとんど出題されず

どれだけ理解をしているのかが試されます!

この機にぜひ自分の勉強方法を見直し、志望校へ最短距離で駆け抜けていって欲しいと思います!