最終センター模試がありました!&模試の捉え方 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2015年 12月 23日 最終センター模試がありました!&模試の捉え方

 

 

 

こんにちは!

 

先日、椎間板が「ぷちゅっ」とつぶれていたと

病院で診断され

少しショックな担任助手の本橋です。

 

若干ハタチで腰痛持ちになってしまいました。(泣)

 

 

みなさん、重い荷物とかむだにかっこつけて

無理に持たないようにしましょうね!!??!

 

 

さて、本日は

冬の特別招待講習の申込み締切日、というだけではなく

 

リスマスイヴ前日、というだけではなく、

 

受験生にとって最後の

センター試験本番レベル模試がありました!!!

 

 

写真は高校1,2年生(校舎にて)

 

小手指校の受験生たちは

我らが立教大学で受験をしてきたようです!

 

校舎に帰ってきた生徒たちからは様々な意見が飛び交ってました。

「83点とれました!」

「ちょっとやらかしてしまいました。。」

「現代文良かったです」

などなど。

、、、、

一喜一憂していいのは模試後1時間のみです。

なるべくはやく復習に入りましょう!

 

今回のブログでは模試の捉え方、模試の受験後の過ごし方に関する

ちょっとしたアドバイスを載せたいと思います。

 

そもそもまず、復習、しっかりとやっていますか?

模試は自分の苦手や忘れそうになっている知識のメンテナスにもとても有効です。

 

点数だけでなく、どこがどんな風にミスをしてしまったか、

をしっかりと見つめなおしましょう。

 

精神面での捉え方、ですが、

 

良い結果だったらそのまま全力でやり抜きましょう!

(もちろん間違えた所はしっかりと復習しますがね)

 

問題は点数が良くなかった方々!!

 

さて、どう捉えましょうか。

 

自分が受験生時代の時は、

「ここで自分の分からない箇所が理解できてよかった。

本番ではやらかさないですむ!」と思うようにしていました。

 

 

要は考え方次第です。

 

模試は高い点数を取るため、以上に

自分を知るためのツールでもあります。

 

点数なんかで一喜一憂している暇があったら、

ミスをした文法を一個でも覚えた方がよくないですか!?

 

 

模試なので、「ここで終わり」ではありません。

 

 

しっかりと学力的反省をして(精神的に反省する必要は全くありません!)

 

次のセンターではもっと高得点をとってやる!という前向きな気持ちで

 

勉強を続けてください!!!

 

受験生、応援してます!

 

高校1,2、年生の方は自分と受験レベルとの差をしっかりと

 

実感して、苦手科目をつぶしていきましょう!!

「ニガテ科目集中講座」

は本日が締め切りですよ!!♪♪

お早めにお申し込みを~

 

以上、本橋でした!