将来の夢 目指せMr.architecture編 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2016年 6月 12日 将来の夢 目指せMr.architecture編

こんにちは。担任助手2年潟永直希です。

だんだん早起きがしやすい季節になってきましたね。

朝は、暑くて目覚ましなくても起きてしまうのではないでしょうか?

どんどん早起きして朝学習しましょうね。早起きは三文の徳!

さてさて、今回は私ごとながら将来の夢について聞いていただけるとありがたいです。

単刀直入に!自分の将来の夢は、日本の建築士として活躍することです。

because!自分の祖父は、大工でした。

なので小さなころから現場にいき、直に感じ、直に触れ、次第に建築業界に興味を持ち始めたからですかね。

他にも世の中の欠陥住宅に腹が立ち、世の中を安全にしたいと思い建築士を目指しました。

突然ですが!皆さんは、建築士と大工さんの違いって知っていますか?

簡単に説明すると建築士は、建物を設計しそれを大工さんが建てるイメージです。だから建築士と大工さんの情報の伝達や連携が重要なんです!二人は一心同体なんです。

そんな素晴らしい建築士になるためにただ今建築の事を大学で猛勉強中です。

しかし、建築士になるためには大きく頑丈な壁が・・・。

その名も建築士試験!!そうなんですよ。1人前の建築士になるには2級建築士を取りそのあとに1級建築士の国家資格を取らなくてはいけないんです。

このお二つの合格率は、すごく低い。2級建築士の合格率は24.3%1級建築士の合格率は12.4%!つまり1級建築士になれるのは3%人100人が受けて3人しか受からない!

皆さんの中にも建築士を目指している人もいると思います。これから一緒にこの壁を越えられるように頑張りましょうね。

以上担任助手2年潟永でした。