大学の好きな講義 小田中Ver. | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2016年 7月 16日 大学の好きな講義 小田中Ver.

 

こんにちは!

担任助手の小田中です。

今日から夏休みの開館時間となりましたが皆さん、7時に来ることはできましたか?

今日来れなかった人は明日は必ず来るようにしましょう!

さて、今日は大学で僕が一番好きな講義の紹介をしたいと思います。

その講義の名前は、

物理学を創った偉人たちの足跡~ガリレオ、ニュートンからアインシュタインまで~

というものです!

いかにも面白そうな授業名だと思いませんか!?(笑)

この授業では物理学がどのように発展していったのか、ケプラーニュートンガリレオアインシュタインなどの物理学者たちがどのような人たちだったかなどを学ぶことのできる授業です。

毎週、学生が一人の物理学者について調べて皆の前で発表したりします。僕もニュートンの微分法・積分法の発見について調べ、発表しました!(笑)

普段みなさんが高校等で学んでいる物理は数式がメインだと思うのですが、この講義を通じて学校の教科書にある公式の裏にはとてつもない物語やドラマがあるという事を知り、「数式の物理」とは全く違う角度で物理学を見ることができるのでとても楽しいです!

みなさんも時間があれば是非科学史の本等を読み、科学の歴史についてふれてみてください

物理が嫌いな人は好きに、物理が好きな人はもっと好きになることができると思います!

最後に、科学史を学んでいて思ったことを書きます(笑)

科学(物理学)の歴史は本当に長いんですよ!(笑) 

アリストテレスの自然哲学から始まり自然科学となった今もたくさんの謎が残され、発展していっている学問です。

なので、物理がわからなくて当然なんです!!! 

難しくて当たり前なんです!!!!

物理学者たちが何百年もかけて築いてきたものを学んでいるわけなので僕たちが3年ちょっと勉強しただけで理解できるはずがありません。

なので、物理ができないからといって悲観することは何もありません!

だからこそ物理を学ぶ人たちは物理の面白さを自分なりに見つけ、できるだけ楽しんで物理を学んでいってほしいな、と思いました!

以上です!

 

►►►►►各種インフォメーション►►►►►