大学の好きな講義 山本Ver. | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2016年 7月 22日 大学の好きな講義 山本Ver.

皆さんこんにちは

山本です

高校生の皆さんは夏休みに入りましたか?

私は「ヤッター! 夏休みだ!!」

と言いたいところですが、

今は学期末の定期テストの真っ最中……

単位を取れるか不安で夜も眠れません….

というのは流石に大袈裟ですね(笑)

こんな感じで私も初めての前期を終えようとしていますが、

今回のテーマは「大学の好きな講義」

ですので4か月間を振り返ってみました!

 

 

私が好きな大学の講義は

植物医科学基礎実験Ⅰ

 です!!

名前に「実験」とあるように実際に実験を行います!

また、「植物医科学」という言葉を初めて聞いた方もいると思いますが、

植物医科学とは植物の病気を対象に被害を診断し、治療・防除・予防するシステムを対象とした

学問分野です。(「植物医科学 上」より)

 

分かりづらくなってしまいましたが、

簡潔に言うと

植物の医者になるために必要な技術を、

実験によって実際に体験して学ぶ講義です!!

 

 

といってもまだ1年生の身分ですので基本的な実験しか行っていません。

僕が印象に残っているのは

・病気に感染した植物から病気の部分を取り出して、

 病原菌の菌糸を観察し、

 その菌を観点で培養する実験

 

・ウイルスの病気に感染した植物の葉を純粋と

 一緒に擂り潰して液状にし、

 健康な植物の葉に擂り潰してできた液を付着させて、

 実際に同じ症状が発生するかを観察する実験

の2つでした!!

両方とも簡単そうで難しかったです!

1つ目は寒天で培養する時に何故か目的の菌とは違う菌が培養されていたり、

2つ目は健康な植物に上手くウイルスが感染しない等の失敗を沢山しました!

 

ですが、上手くいくと下の図のような菌を観察できたり、ウイルスを健康な植物に感染させることにも成功しました!

何で健康な植物にウイルスを感染させるの?

という方も多いと思いますが

これは

ウイルス等による植物の病気を診断するために実際に行われていること

なのです!!

なにはともあれ実験はとても楽しいです!

 

皆さんも大学生になったら

是非、自分にとって楽しい講義を探してください!

以上、山本でした!