夏期合宿 | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2017年 4月 10日 夏期合宿

こんにちは! 担任助手の石田です。

今日は夏期合宿の経験者として、

夏期合宿がどんなものであるかを話したいと思います!

夏期合宿のコンセプトは

自らの限界を知り、その天井を壊す」です。


 

夏期合宿は受験の天王山である夏休みに

学習時間が1日16時間余りという生活を4日間過ごし

その中で、いつもは画面の向こう側にいる講師たちと

対面で英語の学習をしつつ

他の人と切磋琢磨して自らを見つめ直します。

受験勉強に限らず、人生は常に自分との闘いであり

夏期合宿という死地を潜り抜けたという経験は間違いなくプラスに働きます。

 

 

人が変わるには、場所と周りの人という環境を変えなければいけないと

心理学によって証明されています。

 

夏期合宿は富士山の河口湖という場所で行われ

勉強を妨げるものは何一つ存在せず

学力、志望校によってクラスが分かれるため、

周りの人もやる気に満ち溢れた人ばかりです。

この環境ならば、変わろうと思えば、変わろうと動けば、

絶対に変わることが出来ます!

現に夏期合宿を経験した後の私は

周りの人から「性格が変わった」とまで言われるようになりました。

受験勉強が終わり、大学生となった今でも、

夏期合宿で根付いた精神は自分の中に強く息づいています。

 

夏期合宿は受験生活の中で、

自分を大きく変えることのできる唯一無二のチャンスです!

少しでも気になったのなら、是非話を聞きに来てください。

夏期合宿にまつわる色々なことをお話しします!

 

以上、石田でした!