さあ!前をむけ! | 東進ハイスクール小手指校|埼玉県

ブログ

2016年 1月 10日 さあ!前をむけ!

 

 

こんにちは!長江です!

今日は朝起きたら・・・

一面銀世界!

見慣れないものにはみんなワクワクするものですよね!

 

見慣れないものといえば・・・

昨日のセンター試験!

焦った人も多いのではないでしょうか!

出題傾向が変わることは

日常茶飯事!

久しぶりに雪を見る心で試験に臨めば試験も緊張しないのではないでしょうか!

 

なんてことはありませんね

二次私大まであと少し!

今日は僕から二点アドバイスが有ります!

 

①この時期は4倍勉強できる!

 

 

 私立高校の人も学校は休み

 公立高校の人も短縮授業

 純粋に勉強時間が増えますよね?

 しかも!

 みなさん夏頃の自分の姿と比べてみてください!

 問題を解くスピードが格段にあがっていませんか?

 時間がないと言っている人も着実に成長しているのです!

 焦らず頑張れ!

 寝る前に次の日にやることを考えてから

 次の日に臨んでみてください!

 

②過去問!過去問!過去問!

 

 ①を読んで『じゃあ、一体何をやればいいの!』って

 感じる方もいると思います

 まずは優先順位をつけること!

 全部の過去問を同じ分量やっても

 合格できる所は限られていきます!

 過去問の優先順位がつけられた人は

 そもそも過去問というものについて考えてみましょう!

 クイズ!

 Q 過去問は誰が作っている?

 A その大学の学部の教授!

 ポイントは学部の!というところです!

 実は学部の教授はそう簡単には変わりません!

 ということは・・・

 毎年作っている人が同じ!?

 です!

 つまり

 過去問を研究すればするほど

 作っている人の事(本質)が見えてくると思います!

 10年とは言わず、行きたいなら何十年も研究しろ!

 ただ・・・ 

 闇雲にやっても合格はできません

 では、何を考えるのか!

 それは、先程もお話しした

 優先順位をつけることです!

 おすすめの優先順位の付け方

 壱 得意な大問をとことんできるようにする

 弐 苦手な大問を標準レベルへ

 え!?と思った人もいると思います!

 でも考えてみてください。

 本当に毎回満点近く取れている大問はありますか?

 今の時点で5割くらい取れているとします。(最低点7割)

 苦手な大問を標準レベルにするよりも

 得意な大問を完璧に仕上げるほうが気持ちも楽ですし

 モチベーションも高まるのです!

 きっと完璧に仕上げれば7割に届くと思いますよ!

 

 ではみなさん

 残り少ない期間ですが

 夢に向かって最後まで走りつづけましょう!